スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイトレとドラクエ 
といとれしーる3
トイレトレーニング シール表①

幼稚園に入園する数日前、
担任の先生と面談があり、トイレのことを相談したら、
「布パンツはじめましょう」
と言われ、我が家のトイレトレーニングがスタートしました。

それまでは、
こどもちゃれんじの教材などでトイレに親しみをもつ程度。
 cooは、「トイレちゃん行きたーい」と言うようになっていたものの、
 実際にトイレでおしっこできず、その前後にしている様子。
 heeは、やっと便座を嫌がらなくなった段階で、事後報告もたまにしてくれてました。

こんなんでトレパン生活始めて大丈夫かなぁと不安もありました。

トイトレシール
ペタリ!

とりあえず、シール表を作ってテンションアップ。
色画用紙で作ったふたりの顔を台紙に貼って、シールを貼る紙は必要に応じて追加形式に。
cooのリクエストで、アンパンマンキャラを描いてみました。

これがcooにはヒットしたようで、
トイレ行きたくなーいとぐずるときも、
「シール貼ろうよ~。キティちゃんのかわいいシールだよ」
「メロンパンナが待ってるよ!」
と誘うと、喜んで来てくれました。

でも、最初は、トイレで出ないし、頻繁におもらし。
ほんとにトイレで出来る日は来るのか、
遅くても(年少さんは)夏までにはみんな外れる、と聞いたけど本当なのか、
と心配になりました。

ひげ
立派なヒゲのcoo。 色画用紙の切れはしで制作。

幼稚園から帰ってきたら、着替えたパンツ等を洗濯、
はぁ~終わった、と思ったらまたおもらし。
トレパンの枚数が足らず、結局オムツをはかせて…。
トイトレってこんな感じなのかなぁと、
この子たちにはまだ早いのかなぁと、
半分くじけそうに、半分開き直った気分でいたら、

cooが朝イチのおしっこができるように!
そのときは「わーい!やったねー!」ってすごくすごく嬉しかったんですが、
本人はニヤッと笑っただけでした。
トイレでするってことに慣れてないから、落ち着かなかったのかな。
喜びを分かち合いたかったのにな~。

その後は、コツをつかんできたのか、
朝イチと園から帰宅したときは必ず成功するように。
自分からトイレに行きたいという回数も増えてきて、
順調にステップアップしています。

といとれシール5
トイレトレーニングシール表②と①

cooの方が成功が多いので、シール表はすぐいっぱいに。
2枚目を追加しましたが、それでもすぐにはみ出してしまいました。

heeはというと、予想通り?トイレでする気配なし。
園でも何度も着替えているようで、
帰りのリュックは、水洗いされた着替えが入っているので、
さながら亀仙人の修行のようにずっしり重い。

でもcooがシール貼ってるのを見ると、自分も!と怒るので、
とりあえずトイレに座ることができたらシールを貼ることに。
なーんにも出てないのに、ごっついシールが並んでいます。
 ドラクエモンスターズジョーカーのシールは、
 帰省時に、じいちゃんからもらいました。
 hee用にはサンリオの乗り物キャラシールを用意していたのに、
 heeはドラクエシールの方が好きで、
 大も小も出てないのに、でかいモンスターが貼られてるので、
 若干違和感を感じてしまう私達DQ好き夫婦。

heeこそ、夏には外れるなんて、全く想像できない、
と思っていましたが、
GWにタイミングが合い、大と小を1回ずつ成功。

本人はオムツでするほうが安心するようで、
成功したときは、すごく嫌がっていて、不本意という表情でしたが、
それでもちょっとずつ慣れていけばいいと思いました。

トイトレシール4
トイレトレーニングシール表③と②
すぐいっぱいになるので、マスを増やしました。

その後、朝イチが安定して成功するようになり、
日中も成功する回数が増えてきました。

cooは幼稚園でも自分でトイレに行けるようになったので、
先生に「トレパン卒業してもいいと思います」と言われましたが、
まだ失敗もあるし、大の方はまだほぼ失敗してるので、
様子を見ようと思います。

heeは幼稚園ではまだ成功してないけれど、
トイレが楽しい場所になっているようなので、
そのうち成功するかなと思っています。
家でも、失敗の方が多いけれど、ちょっとずつ進歩してるので、
オムツ外れの光が見えてきた感じです。

トイトレをちゃんと始めてから1カ月半。
最初はどうなることかと思ったけど、
少しずつ成長しているので、ほっとしています。

スタートした時期が早かったのか遅かったのかは分かりませんが、
このタイミングで始めて良かったと思えるようになりました。

1歳2歳の頃から、トレーニングまではいかないものの、
トイレに慣れていたのも良かったと思います。

これから先も、気長にトレーニングを続けていって、
無理のないように外していきたいと思います。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。